バスケットボール・リーグ(B.LEAGUE)人気が一気に加速中

バスケットボール・リーグ(B.LEAGUE)人気が一気に加速中

バスケットボール
アメリカではNBAがMLBと並ぶ人気があるほか、世界的にはとてもメジャーなスポーツ、低迷中だった日本、川渕氏の手腕で、急速に高まる日本のバスケットボール人気について説明します。

世界的にはメジャースポーツのバスケットボール

バスケットボールとは、アメリカではNBAがMLBと並ぶ人気があるほか、世界的にはとてもメジャーなスポーツです。
しかし、日本では長くマイナースポーツである時代が続いてきました。
1990年代に「スラムダンク」というバスケットボール漫画が大ブームとなり、その作品の連載コミック誌では定期的にNBA情報も掲載されていたため、一時期NBAブームが起きたものの漫画の終了と共にブームも去りました。
世界的な人気があるNBAでさえ、そのような状況のため国内リーグへの関心はさらに低く、さらに日本のリーグが2分裂化するなど、21世紀に入って日本バスケットボール界は迷走していました。
参考 サッカー(プレミアリーグ)の動画&ライブ配信をDAZN(ダゾーン)で観る
ただし、そんな中でも世界的にはメジャースポーツのため、バスケットボールはいつ人気スポーツになってもおかしくないとも一方でいわれていました。
そんな中、新たな統一リーグ構想のリーダーに、かつてJリーグを成功に導いた川渕三郎氏が招かれ、B.LEAGUEの構想が固まっていきました。こうして、日本のバスケットボール(B.LEAGUE)にも国民の注目が集まりそうな下地が出来ました。

川渕氏の手腕で、急速に高まる日本のバスケットボール人気

Jリーグを成功に導いた元Jリーグチェアマンの川渕三郎氏は、Jリーグ創世記に用いた自らの戦略を応用し、日本のバスケットボール(B.LEAGUE)が一気に飛躍するように様々な手を打ちました。
そうした様々な尽力が実り、B.LEAGUEが開幕する2016年秋頃には早くも地域密着型のコンセプトが浸透して地元の応援ムードが一気に高まったほか、マスコミからの注目度も一気に増大。
参考 サッカー(Jリーグ)の動画&ライブ配信をDAZN(ダゾーン)で観る
そんな中、B.LEAGUE開幕戦はテレビの地上波で中継されたほか、衛星放送でたくさんの試合が放送されるようになり、この1年で日本のバスケットボール(B.LEAGUE)の現地・テレビでの観戦者は激増しました。
この状況は、世界的な人気スポーツであるサッカーも1992年まではマイナーだったものの、開幕した1993年には一気に野球と並ぶメジャースポーツに成長した状況にとても似ています。
そして、バスケットボール界には川渕氏がついているほか、サッカー同様に世界的な人気スポーツという下地もあるため、今後のバスケットボール人気のさらなる向上に注目が集まっています。

-球技