株式投資、投資信託、ソーシャルレンディングなど個人資産を増やすヒント

個人資産を増やすヒント

株主優待の配当とは

更新日:

株主優待や配当金狙いの株式購入の重要ポイント



確定日の3営業日前までに株を買う、株価急落のタイミングで、購入して権利確定日に至るまで保持する投資スタンスが良い。インカムゲイン狙いの株購入の特徴、狙いの株購入の最適なタイミングについて説明します。

インカムゲイン狙いの株購入の特徴

インカムゲイン狙いつまり、株主優待、あるいは配当金を目当てに株を買い入れたのに、株価の価格変動に動揺していては元も子もありません。株価の動きを意識する機会を可能な限り減らし、株主優待、あるいは配当金を手にするために重要なポイントがあります。

インカムゲインに期待感を抱いて購入するケースで、権利確定日に関しては、1年に1回或いは2回になる事例がほとんどになります。こうした確定日に権利を確約されている株主がインカムゲインを受け取れます。

株主名簿へと記載されるまでには3営業日必要なので、確定日の3営業日前までに株を買わなければなりません。

参考サイト:株主優待とは?個人投資家が大手ファンドに負けないために

また、 インカムゲインは、収入が保証されているわけではありません。経済環境が酷くなれば配当金引き下げを実施する会社組織もあれば、或いは配当金を止めて無配にするケースもあります。

インカムゲイン狙いの株購入の最適なタイミング

株価が上がるとより一層の株価の上昇が見込まれ、買い注文自体が入り込む傾向が見られます。しかしながら、これに関しては、株価そのものが高値圏に存在している場合の高値掴みと化す確率が高くなります。

それとは逆に、株価が安価になると一層の株価下落に対して必然的に心許なくなってしまい、売り注文が押し寄せます。参考サイト:意外と知られていない株主優待のデメリットとは?

株価が最も安い価格にある時に利益確定したり、あるいはマイナスに耐えることができず損切りを行なってしまうことが少なくありません。

株主優待取得などのインカムゲイン取得を重要視して株を買い入れる場合は、株価の一過性のトレンドではなく、中長期的な方向感を見て、株価がそれほど動きをみせていないいわゆるもみ合い状態が継続しているタイミングであるなど、株価急落のタイミングで、購入して権利確定日に至るまで保持する投資スタンスが良いと考えられます。

[ スポンサーリンク ]

-株主優待

Copyright© 個人資産を増やすヒント , 2019 All Rights Reserved.