株式投資、投資信託、ソーシャルレンディングなど個人資産を増やすヒント

個人資産を増やすヒント

株主優待の権利確定月とは

更新日:

株を始めるなら権利確定月に注目



権利確定月に入ってからではなく少し前から値動きをチェック!権利確定日の数日前までに購入手続きをしておかなければ、その権利が得られないのです。その後値上がりすれば大きな売却益が狙えることもあります。

いつまでに買わなくてはならないかをチェック

株を始めようとしている方にとって、配当や株主優待などが得られるという事は大きな魅力となっているはずです。そういった目的をかなえるためには事前に権利確定月をチェックしておくことが重要になります。

特に権利確定の日に株を持っていないと、せっかく株を購入してもその時点では配当や株主優待の権利が得られなくなってしまいますので、購入前に必ず確認しておきましょう。

大抵は権利確定日の数日前までに購入手続きをしておかなければ、その権利が得られないことになります。次の配当や優待を狙っているという場合は特にこうしたスケジュールをしっかりチェックしておくことが必要です。

特に権利確定月には株価も上昇しがちになります。権利確定月に入ってからではなく少し前から値動きをチェックしておくようにすると、安値での購入を狙いやすくなるでしょう。
参考サイト:株主優待に税金はかかるの?

権利確定月が過ぎた後もチャンス

権利確定月が過ぎた後、株価が下がるという傾向があります。配当や優待を狙って購入した人などは、権利が得られると手放すことも多いので、一時的に下がることが多いのです。

そのため、特に配当や優待にこだわらずに権利確定日の数日前までに購入手続きをしておかなければ、その権利が得られないです。その後値上がりすれば大きな売却益が狙えることもあります。

こうした形で後々値上がりすることを見越して安値の時点で購入したいと思うなら、目を付けている株の権利確定月をチェックしておくのが良いでしょう。そうすることでいつ購入するべきかタイミングを考えるヒントとなります。

株式投資には情報をどう効率的に入手していくかが重要なポイントとなります。こうした権利確定月の情報も、今後の運用法を考えるうえで役立つ情報となるでしょう。

参考サイト:NISA(ニーサ)とは何か

[ スポンサーリンク ]

-株主優待

Copyright© 個人資産を増やすヒント , 2019 All Rights Reserved.