金属アレルギーの原因

金属アレルギーは誰にでもかかるというわけでもありません。金属の種類や着けている人の条件で変わってきます。ニッケルやコバルトなどの、低品度とされる金属ほど起こしやすいとされています。

着けている人のその金属に触れる頻度と条件によって変わってきます。最初の接触によって感作が起こる場合もありますが、何回も接触を繰り返しているうちに、例えば数十年にわたって感作されることも有ります。

また、汗をかくことが多い夏に身に着ければ、汗によってわずかに金属が溶け出し、発症しやすくなります。 その他着ける人の体質、例えば汗をかきやすい人かきにくい人、皮膚の厚い人や薄い人とさまざまな要因が組み合わされて、アレルギーが引き起こされます。

家庭用品に使われる金属製品の多くは、色合いを良くし、耐腐食性を持たせるために、メッキという形で多種金属の表面加工がされています。アクセサリーに使われている金属の多くは、合金を用い、あるいはその上にメッキを行っています。どんな金属でもアレルギーを起こす可能性をもっていると言えます。

アレルギー性接触皮膚炎の原因の第一位は、ニッケルです。汗の中の塩素イオンはニッケルを溶かす作用が強く、過去にニッケル・アレルギーにかかった人は少量の汗でもニッケル製品を身につけただけで皮膚炎を起こしたりします。

指輪の黒ずみを防ぐためのロジウムメッキは下地にニッケルメッキを施します。これが金属アレルギーを起こす原因にもなっています。

1).金属アレルギーの原因
2).金属アレルギーにならない方法