株式投資、投資信託、ソーシャルレンディングなど個人資産を増やすヒント

個人資産を増やすヒント

ソーシャルレンディングはなぜ資産運用にオススメなのか?

更新日:


新しい投資のあり方として、ソーシャルレンディングが注目を集めています。ソーシャルレンディングは、その独自のメリットから、資産運用の方法としてオススメできます。
主なメリットとしては、高い利回りが期待できる点、運用中にかかる手間が少ない点、比較的短期間での運用が可能な点などがあります。また、リスクを分散するという点でも、資産運用の方法として魅力的です。
これらのメリットについて、ひとつずつ解説していきます。

高い利回りが期待できる

ソーシャルレンディングが注目される理由のひとつとして、その高い利回りが挙げられます。5%ほどの利回りが見込める場合が多く、高いところでは10%を超える案件も見られます。
また、ソーシャルレンディングには基本的に、投資家が負担する口座維持費や手数料などがありません。そのため、振込手数料や税金などを除けば、得られる利回りがそのまま手元に残ります。手数料のかかる他の金融商品と比べると、実質的な利回りはより高くなることが期待できます。

運用にかかる手間が少ない

ソーシャルレンディングで投資をするということは、一定期間資金を貸し付けるということです。一度投資を始めたら、後はその償却を待つだけになります。その点で、株や投資信託などの金融商品よりも、かかる手間が少ないと言えます。
株や投資信託などは、利益を得るにあたって、売買のタイミングが重要になります。そのため、何度も売買を繰り返したり、取引をしていない時でも、市場の動向に気を配っておく必要があります。
そのように、投資に大きな労力を割く必要がないというのも、資産形成の手段としてソーシャルレンディングを活用するメリットです。

短期間での運用が可能

先述したように、ソーシャルレンディングの運用期間は、あらかじめ定められています。その期間は案件によって様々ですが、数年にわたって続くようなものは滅多にありません。数か月から1~2年程度で終了するものが大半です。
効果的な資産運用の方法と言われるものの多くは長期的な運用を前提としたものですが、先行きが見通せなければ、そのような投資にはなかなか手が出せません。
その点、「この期間、この金額ならば」と思える案件を選んで投資できるソーシャルレンディングなら、安心して資産運用に取り組むことができます。

リスクを分散できる

ソーシャルレンディングの最低投資金額は、運用会社によっても異なりますが、おおよそ5万~10万円程度に設定されています。そのため、少額からでも、複数の案件への分散投資が可能になります。さらに、口座の開設や管理に費用がかからないため、複数の運用会社に分けて投資をすることも容易です。それによって、会社自体に問題が生じた場合のリスクも低減できます。
銀行預金などと違って、ソーシャルレンディングには基本的に元本保証がありません。しかし、細かく資産を分散できる仕組みがあるため、リスクを最低限に抑えることができるのです。

[ スポンサーリンク ]

-ソーシャルレンディング

Copyright© 個人資産を増やすヒント , 2019 All Rights Reserved.