株式投資、投資信託、ソーシャルレンディングなど個人資産を増やすヒント

個人資産を増やすヒント

ソーシャルレンディングにおける返済方法の種類と考慮の方法

更新日:


ソーシャルレンディングを活用することによって資金繰りを行いたいと考えたら、何を考える必要があるでしょうか。借入を行う金額や借入先を考えることも重要です。その際にもう一つ念頭に置いておきたいのが借り入れたお金をどのようにして返済するかということです。ソーシャルレンディングで投資をする人にも重要になるポイントなので、二種類の方法の違いがわかることは大切になります。

貸付を受けたときの返済方法

ソーシャルレンディングに限らず、お金の貸付を受けたら最終的にはそのお金を返済しなければなりません。返済の仕方は契約の仕方によって大別すると二つの方法があります。一つは元利均等返済と呼ばれる方法であり、返済期間または返済回数を定めた上で定期的に元本と利子を合わせた金額を均等に返すという方法です。もう一つは元本一括返済と呼ばれ、定期的に利子分だけを支払い、満期になった日に元本の全額をまとめて返却するという仕組みになっています。

二つの返済方法の借り手側のメリット

借り手側として元利均等返済と元本一括返済どちらを選ぶべきかとなると、実際にはどちらを選ぶのにもメリットがあります。元本一括返済を選ぶと毎月の返済額が少ないものの、最終的に元本を返せるかどうかが大きな問題になりがちです。成功する確率が高い事業を行う場合には優れていますが、倒産リスクを抱えやすいデメリットもあります。一方、元利均等返済を選んだ場合には毎月の返済額は大きくなりますが、最終的に満期日になったときに大きな返済を行う必要がありません。着実に利益を上げられると期待される事業を展開するのならこの方が安心できるでしょう。

投資家の立場から考えるとどちらが良いか

ソーシャルレンディングをする投資家の立場から考えるとこの二つの比較は難しくなります。元利均等返済の方が貸し倒れが起こったときにも元本に大きな支障が生じにくいのがメリットです。しかし、貸付先としては大きな事業を起こしやすいのが元本一括返済であり、事業が成功して完済してくれる可能性も高いと期待できるでしょう。その代わりに失敗したときには元本が全て失われるリスクもあるので一長一短と言わざるを得ません。メリットとデメリットを比較して自分の好みで選ぶのが賢明です。

貸し倒れが少なくなってきた現状の考慮

現状として事業主に対して貸付を行っているファンドではほとんど貸し倒れが起こっていない状況が続いてきています。その点を考慮すると元本一括返済の方が優れていると考えることもできるでしょう。基本的には借りる側からすると借入期間が長く、資金が大きくなるので利子の支払いが大きくなりやすいため、利回りが高いものが多いからです。しかし、運用期間が長いほどリスクは高くなるという点も考慮して長期の運用の場合には元利均等返済を選んだ方が無難な可能性も否定はできません。

[ スポンサーリンク ]

-ソーシャルレンディング

Copyright© 個人資産を増やすヒント , 2019 All Rights Reserved.