株式投資、投資信託、ソーシャルレンディングなど個人資産を増やすヒント

個人資産を増やすヒント

ロボアドバイザーとは

更新日:

ロボアドバイザーとは


ロボアドバイザーとは、AI(人工知能)を利用した投資ロボットが人間に代わって、資産運用してくれるサービスです。ロボットアドバイザーとかロボアドとか言われています。

ロボットアドバイザーを使った投資は、自分に合った最適なポートフォリオにもとずいて、資産運用を自動化してくれます。つまりほったらかしで資産運用ができる投資なんです。

人工知能(AI)を使った資産運用の個人向け助言サービス。年齢や投資経験などの簡単な質問に答えるだけで投資家一人ひとりに自動で最適なポートフォリオを提案する。かける手間や運用手数料も少なく、少額から始められるのも特徴。
引用:ロボットアドバイザーでおカネは増えるのか(東洋経済ONLINE)



ロボアドバイザーの特長


投資のプロセスを自動化
ロボットアドバイザーのサービス会社によって、自動化してくれる部分などは違っています。完全自動化や最終的な投資部分を人間の判断するところもあったりしますが、どちらにして、資産運用に必要な高度な知識や手間などは不要です。ロボットが資産運用を人間の代わりにやってくれます。


感情に左右されない


ロボアドバイザーが自分の投資方針に合わせて資産運用してくれるので、人間の感情や思い込みなどの意思を介せずに運用することができます。

取引するタイミングなども考慮する必要なし


ロボアドバイザーなら、投資知識がまったくない初心者でもすぐに資産運用ができます。相場状況などもモニタリングしてくれて最適なタイミングで配分などを自動調整してくれます。

ロボアドバイザー投資一覧表


ロボアドバイザー投資を始めたい人のために、日本のロボアドバイザー投資サービス会社の一覧表や、各サービス会社の特徴や用語集などをまとめています。

「ロボアドバイザー投資」とは、人工知能(AI)を利用したファンドラップ(投資一任運用サービス)のことです。最近よく目にする「FinTech(フィンテック)」のひとつで投資(資産運用)のサポートがそのサービスとなります。

ロボアドバイザー投資サービス一覧表


ロボアドバイザーを利用した投資ができる日本の主要なサービスの一覧表(2017年1月現在)

サービス名 最低金額 投資先
THEO(テオ) 10万円 海外ETF
WealthNavi(ウェルスナビ) 100万円 海外ETF
楽ラップ 10万円 インデックス投信
投信工房 500円 インデックス投信
8 Now! 1万円 ETF
MSV LIFE 1万円 バランス型投信
WealthNavi for SBI証券 30万円 米国ETF


ロボアドバイザー投資は、ロボットアドバイザー(通称:ロボアドバイザーとかロボアド)という、人工知能(AI)が、お客さんに応じた最適なポートフォリオを提案して、投資を行います。

ロボアドバイザーによる投資の方法は2つあり、「投資一任型」と「投資アドバイス型」になります。

「投資一任型」は、ロボットアドバイザーがすべて投資を行ってくれて、リバランスなどの運用後のメンテナンスまですべて行ってくれる手間なし型となります。

「投資アドバイス型」はロボアドバイザーが最適なポートフォリオを提案してくれますが、実際の投資やリバランスなどは自分が行うサービスです。


ちなみに「FinTech(フィンテック)」とは、「ファイナンス(Finance):金融」と、「テクノロジー(Technology):技術」を組み合わせた造語です。

テレビでもCMがよく流れている、家計簿アプリや会計アプリなども「FinTech(フィンテック)」のひとつですね。

「ファンドラップ(投資一任運用サービス)」という言葉も、「ダイワファンドラップ(大和証券)」、「日興ファンドラップ」などテレビなどで目にすることもあると思います。


[ スポンサーリンク ]

-ロボアドバイザー

Copyright© 個人資産を増やすヒント , 2019 All Rights Reserved.